神戸ハーバーランドにあるプレスリー像について

世界に3体だけのエルヴィス・プレスリーオフィシャル像


各界のエルヴィスファンの呼びかけにより、多くのファンの寄付金で建てられたエルヴィス・プレスリーの銅像。
2009年に神戸ハーバーランドへやってきて以来、多くのエルヴィスファンが集い、彼の音楽や姿を思い出しては語り合う、いわば「エルヴィスの聖地」となりました。

元々は、、、


日本の音楽評論家・作詞家・翻訳家の湯川れいこ先生と元兵庫県知事の井戸敏三様が当時、東京での会談中で、原宿にある「プレスリーオフォシャル像」を移転しないといけない。それなら「ジャズの街 神戸」がいいのではの話しになり「神戸情報ビル」(松方ホールのビル)が選ばれて、設置されました。

音楽で街を盛り上げようと、ジャンルにこだわらない音楽イベントを開催。特に「JAZZの街神戸」をイメージし、ハーバーランドの街中フリーライブを楽しめる施設としてPRする形をとっています。

関連記事

  1. 神戸ジャズストリート2018(第37回)のギャラリーをアップしました。

  2. 「クラウドファンディング目標達成、ご協力ありがとうございます」

  3. 【NHK神戸】さんに紹介されました!

  4. 【お知らせ】2023年 神戸ジャズ100周年に向けて

  5. 交通規制のお知らせ

  6. 10月12日(土)に開催予定の神戸ジャズストリートは、台風の影響により中止いたします。